デキる施工業者にぜひ使ってほしい「匠の一冊」

現場に直送

家具

”現場で急に部品が必要になったけど、どこで調達しよう・・・”
施工業者というのは、発注を本部でしていたとしても実際に使うのは現場。だから、現場で必要な工具や部品が無くなってしまえば、たちまち困ってしまうことになります。しかも、それが必要性の高いものであるなれば、施工が中断してしまうことになってしまうでしょう。決まった期間で仕事をしないといけないことを考えると、これは早めに対処しておきたいこと。

もし、ここで匠の一冊で調達していた場合には、部品や工具1つから注文できるようになっていて、しかもそれを現場に届けてくれるという便利さ。これならムダに部品や工具を大量に仕入れる必要はないですし、さらに現場にすぐに届けてくれるから余計なタイムロスはありませんよ。この対応力は他ではなかなか考えられないところでしょう。

施工業者というのは、安全な工作物を必要な期間までに仕上げることが基本的な目的。だからこそ、万が一の時に備えて必要なものを準備できるような体制にしておきましょう。そうしておけば、作業する人にとってもこれは大きな安心感が得られるでしょう。こういった便利なシステムであるサービスを使いこなしていって現場で作業しやすいような状況を作っていくようにしましょう。